操作

ヴィクトリア (イギリス女王)

Queen Victoria by Bassano.jpg
ヴィクトリア
Victoria
イギリス女王
在位 1837年6月20日[1] - 1901年1月22日[1]
戴冠 1838年6月28日[1]、於ウェストミンスター寺院[2]
別号 インド皇帝(女帝)
全名 アレクサンドリナ・ヴィクトリア
英語: Alexandrina Victoria
出生 (1819-05-24) 1819年5月24日
イギリスの旗 イギリス イングランドの旗 イングランド
Coat of Arms of The City of London.svg.png ロンドン ケンジントン宮殿
死去 (1901-01-22) 1901年1月22日(81歳没)
イギリスの旗 イギリス イングランドの旗 イングランド
Isle of Wight Council Flag.svg ワイト島 オズボーン・ハウス
埋葬 1901年2月2日
イギリスの旗 イギリス イングランドの旗 イングランド
ウィンザー フロッグモア
配偶者 アルバート・オブ・サクス=コバーグ・アンド・ゴータ
王家 ハノーヴァー家
王朝 ハノーヴァー朝
父親 ケント公爵エドワード・オーガスタス
母親 ヴィクトリア・オブ・サクス=コバーグ=ザールフィールド
宗教 イングランド国教会
テンプレートを表示

ヴィクトリア英語: Victoria1819年5月24日 - 1901年1月22日

ハノーバー朝のイギリス女王 (在位 1837~1901) 。 1876年以降はインド女帝の称号をあわせもつ。ジョージ3世の4男ケント公エドワードの娘。幼名アレクサンドリナ・ビクトリア。伯父ウィリアム4世の死後 18歳で即位し (1837) ,ホイッグ党の首領であり当時首相であったメルバーン (子) から君主としての教育を受けた。 40年ザクセン=コーブルク=ゴーダ家のアルベルト (イギリス名アルバート) 公と結婚し,翌年長男 (のちのエドワード7世) を産んだ。アルバート公より宮廷事務,君主の任務,内政面における王室の介入,対外面での王室の立場などの助言を受け,ビクトリアは脇役的とはいえ重要な役割を果した。 61年夫の死後,隠遁生活に入ったが,政治への関心をもち続けた。彼女のイギリス史上最長の治世期間である64年間はビクトリア時代と呼ばれるイギリス帝国主義の最盛期で,パーマストン (子) W.グラッドストンB.ディズレーリらのすぐれた政治家が輩出した。


ヴィクトリア
ヴェルフ分家

1819年5月24日 - 1901年1月22日

先代:
ウィリアム4世
イギリスの旗 連合王国女王
第4代:1837年6月20日 - 1901年1月22日
次代:
エドワード7世
先代:
バハードゥル・シャー2世
ムガル帝国皇帝)
British Raj Red Ensign.svg 英領インド帝国皇帝
初代:1877年1月1日 - 1901年1月22日


Rakuten 楽天市場検索:



  1. 1.0 1.1 1.2 秦(2001) p.507
  2. 君塚(2007) p.25