actions

ワルシャワ公国

1809年以降のワルシャワ公国の地図

ワルシャワ公国(ワルシャワこうこく)

ワルシャワ大公国とも呼ばれる。ティルジット条約によって,1807年に成立し,15年に解体したポーランド国家。ナポレオン1世と彼の指揮下のポーランド軍団が占領したワルシャワを含むポーランド分割後のプロシア領に建国。 09年にはオーストリア領のクラクフを含む西ガリチアをも併合。すでに『五月三日憲法』でスタニスワフ2世アウグスト・ポニャトフスキ王の断絶後に指定されていたザクセン公フリードリヒ・アウグスト1世がナポレオン1世に推挙されて統治。旧分割3列強のロシア,プロシア,オーストリア,特にロシアに対する前線基地として,ナポレオンとポーランド国民の利害をともにした。ナポレオン法典を基礎にした自由主義的憲法の発布により,東欧の一角に市民政治の発展をみる機会をもったが,その恩恵に浴したのは都市の中流以上の住民であり,農奴制は廃されたものの,賦役労働を強要される農民層が増大し,地主と都市ブルジョア層が台頭した。 12年ナポレオンのモスクワ遠征が失敗すると,ロシア軍の占領下におかれ,ナポレオンの敗北で解体。ウィーン会議の結果,旧分割3列強に再分割され,その大部分が会議王国 (ポーランド王国) に再編され,自由都市クラクフ共和国は共同保護下におかれた。



楽天市場検索: