actions

レオンハルト・オイラー

オイラー.jpg

レオンハルト・オイラー(Leonhard Euler, 1707年4月15日 - 1783年9月18日

スイスの数学者。 18世紀を通じ最も多才な数学者で,近代解析学の創始者の一人。 J.ベルヌーイのもとで学び,1730年にペテルブルグ科学アカデミーの物理学教授,33年に数学教授となる。 41年ベルリン科学アカデミー会員。過度の仕事によりまもなく片方の目の視力を失い,晩年には残りの一方も失明したが,学問に対する熱意は少しも衰えなかった。 66年再びペテルブルグに戻り,その地で没した。彼の業績は,純粋数学の分野に顕著であるが,物理学,天文学にも功績を残している。オイラーの名のつく慣用の記号や定理が,初等幾何学から高等解析学の分野にいたるまで多数存在する。三角関数の解析的取扱い,対数の算法的取扱い,楕円積分の加法定理の証明,整数論における平方剰余の相互法則その他の発見,微分幾何学,変分法,微分方程式への先駆的研究など多大の成果を残した。主著『無限小解析緒論』 (2巻,1748) ,『微分学原理』 (55) ,『積分学原理』 (3巻,68~70) 。



楽天市場検索: