actions

ルイ11世 (フランス王)


ルイ11世Louis XI, 1423年7月3日 - 1483年8月30日

フランス王 (在位 1461~83) 。バロア家出身。シャルル7世の子。皇太子時代,1440年シャルル7世に反対するプラグリーに際し,反徒に加担したが失敗しドーフィネにこもった。 56年ブルゴーニュ公シャルル (豪胆公) のもとに逃れ,父王の死までそこにとどまった。即位すると父王の側近を一掃し,諸侯勢力を積極的に分断する政策をとった。ブルゴーニュ公シャルルに指導された不平貴族のいわゆる公益同盟の反乱に直面して苦境に立ち,65年コンフランおよびサンモールの両条約の締結を余儀なくされたが,枢機卿ラ・ブリュの投獄(69) ,王弟シャルル・ド・フランスの死亡 (72) ,アルマニャック伯の処刑 (73) ,ブルゴーニュ公シャルルの戦死 (77) など,巧妙な工作,果断な処置と幸運が相まって,主要な敵対勢力を一掃し諸侯を制圧することに成功した。強権による過酷な統治であったが,同時に秩序の回復,道路治安の確保,軍隊の規律の確立,駅伝制度の創設,印刷技術の導入など王権強化政策の実績をあげ,経済の繁栄をもたらした。


先代:
シャルル7世
フランスのドーファン
1423/1429年 - 1461年
次代:
フランソワ


楽天市場検索: