操作

リモコンキーID

リモコンキーIDとは、地上デジタルテレビ放送などにおいて放送局単位で決められているリモコン押しボタン(ワンタッチボタン)用の番号である。「リモコンキー識別番号」「リモコン番号」とも呼ばれる。

理論上はアナログテレビ放送で使われてきた「チャンネルポジション」とほぼ同じものであり、これをもって「デジタル放送○チャンネル」とするテレビ局も多い。一方、「リモコン番号○番」とするテレビ局も少なからず存在する。

概要

テレビ視聴におけるリモコンのチャンネルキー番号は、選択することで放送チャンネルを1つ選ぶものである。アナログ放送は、国際協定や各国の放送法制で定義されている周波数帯域の1チャンネル分が1つの放送チャンネルに対応[1]しているが、デジタル放送は1つの周波数帯域チャンネル[2]で複数の放送チャンネル(番組)が配信できる。地上デジタル放送は従来のアナログ放送と異なり全てのチャンネルがUHFで送信され、リモコンの番号と送信チャンネル(その放送を送信している実際の周波数帯域チャンネル)を一致させることに不都合[3]が生じる。これらの事情を総合的に解決するため、リモコンキーIDが考案・策定され、このIDに従ってリモコン操作上の番号が決定する。

基本的に地上波・衛星波を問わずデジタルテレビ放送ではこのリモコンキーIDに関する情報(SI情報)を放送波の中に含めて送信し、受信機で地域設定などの情報と突き合わせて受信した周波数の放送を特定のリモコンの番号に割り当てることができる。日本の衛星波や韓国では番号を全国レベルで揃えているため、基本的に機器出荷の時点で情報を固定的に記憶させている。しかし、その後の変更はプログラム書き換えで対応するか、視聴者が手動で設定する[4]

地上波・BS・CSなど複数のデジタルチューナーを搭載した統合型チューナーは、各々別に定義された同じ数値のリモコンキーIDを有する。同じリモコンキーID「1」でも、地上波は「011ch」、BSは「101ch」で、BS「101ch」に対応する地上波のリモコンキーIDは「10」となる。同じリモコンチャンネル番号に異なる複数の放送ネットワークのチャンネルが設定されて受信している場合は、機器の仕様に基づいて選択可能である。指定されたリモコンキーIDと異なる番号に設定する場合は、機器の設定を手動で変更する。

注・出典

  1. 周波数帯域の定義についてはテレビに関する放送法についての部分を整備した当時のアナログテレビ放送技術を基準にして、1つのチャンネル当たりの周波数帯域が定義された。
  2. 日本の地上波テレビ放送では6MHzの帯域幅をもつ周波数の範囲に付けられた番号で、物理チャンネルと呼ばれている。アナログ放送ではこの1物理チャンネルが受信機でも1つのチャンネルに対応している。デジタル放送における物理チャンネルはテレビ周波数チャンネルを参照のこと。
  3. 既存のアナログ放送でのチャンネル方式をデジタル放送にも当てはめると、日本では1chから12chは永久欠番になり13ch以降しか存在しないことになる。放送が行われないことが明白な放送周波数にチャンネル番号を固定的に割り当てること自体に無駄があり、使い勝手の面からも好ましくない。
  4. 例えば、日本で2007年12月に開局したBS11およびTwellV2011年4月のNHK衛星放送再編がこの事例に該当する。

関連項目