操作

リベラル

<形動>({英}liberal )《リベラール》

(1)政治的に穏健な革新をめざす立場をとるさま。自由主義的であるさま。

*明六雑誌‐二号〔1874〕福沢先生の論に荅ふ〈加藤弘之〉「欧洲各国近今世道の上進を裨補する最もリベラールの功に在り」

*花間鶯〔1887〜88〕〈末広鉄腸〉上・二「『リベラル』とは『コンセルバチーブ』に対する名であるから」

*近時政論考〔1891〕〈陸羯南〉一・一「先生の論はリベラールなり」

*近代日本の思想文化〔1953〕〈唐木順三〉「然し重層性をリベラルな立場で解釈し」

(2)社会の規律や習慣、権威などにとらわれないさま。自由であるさま。

*青年〔1910〜11〕〈森鴎外〉二「自然主義をお座敷向きにしようとするリベラルな流義と」

*牛山ホテル〔1929〕〈岸田国士〉四「僕は、自分のリベラルな行為を反省して」

*記念碑〔1955〕〈堀田善衛〉「その大学は〈略〉明治以来学風のリベラルなことできこえていた」