actions

メロヴィング朝

メロヴィング朝フランク王国

メロヴィング朝
(メロヴィングちょう、: Mérovingiens, : Merovingian dynasty, : Merowinger

分割後のメロヴィング朝フランク王国(600年ころ)

フランク王国前半期の王朝 (481~751) 。サリ族の首長メロービスの名による。5世紀末のクロービス1世がガリア全域を支配する統一的なフランク王国を建設したときに始るが,彼の死後,領土は4子に分割され,その後も分裂や内紛を繰返したので,国家の実権は宮宰の手に移った。特にカルル・マルテルがツール=ポアティエの戦い (732) でサラセン人の侵入を撃退してから権威を確立。その子ピピン (小ピピン) はローマ教皇の承認を得て国王ヒルデリヒ3世を廃してみずから即位し (751) ,ここにメロビング朝は滅び,カロリング朝となった。



楽天市場検索: