actions

メチルグリオキサール

メチルグリオキサールMethylglyoxal)とは、2-オキソプロパナール2-oxopropanal)のことである。

構造と性質

メチルグリオキサールの分子式はC3H4O2、モル質量は72.063 (g/mol)である[1]。常圧における沸点は72 ℃で、常温常圧では黄色の液体として存在する[1][注釈 1]

メチルグリオキサール経路

その他

  • フミン質を含んだ水に対してオゾン消毒を行った場合、メチルグリオキサールも非意図的に生成することが確認されている[2]
  • In vivo ではメチルグリオキサールはAGEsの生成と関連がある。メチルグリオキサールとクレアチンにより生成される物質(N-(4-methyl-5-oxo-1-imidazolin-2-yl)sarcosine)が人の尿から検出されており、体内でメチルグリオキサールが生成していると示唆される。[3]

注釈

  1. 参考までに、常温常圧において、類似物質のフェニルグリオキサールの無水物もまた、黄色の液体である。さらにグリオキサールも黄色の液体である。

出典

  1. 1.0 1.1 Pubchem: Methylglyoxal (CID:880)
  2. 『最新公衆衛生学』 中室 克彦 編集、佐谷戸 安好 監修、廣川書店、2004年2月25日、第3版。
  3. “Creatine is a scavenger for methylglyoxal under physiological conditions via formation of N-(4-methyl-5-oxo-1-imidazolin-2-yl)sarcosine (MG-HCr)”. Journal of agricultural and food chemistry 63 (8). (2015). doi:10.1021/jf505998z. PMID 25655840. 

関連項目


テンプレート:Biochem-stub