操作

メガ

メガ(mega, 記号:M)は国際単位系 (SI) における接頭辞の一つで、以下のように、基礎となる単位の106(=百万)倍の量であることを示す。

例:

本来は「巨大な」を意味する接頭辞で、ギリシャ語で「大きい」(great) という意味の μέγας (megas) に由来する。本来の意味での用例は、古典的な語ではメガホンメガリス、また、大きな都市を表すメガポリス、メガシティメガロポリス、近年の例ではメガフロートメガドライブメガマックなどがある。

1874年英国科学振興協会 (BA) がCGS単位系の電磁気の単位の標準化を行う際に、その一部としてマイクロとともに新たに導入された。CGS単位系で電磁気の単位を組み立てると、その示す値が非常に小さくまたは大きくなるため、それまであった接頭辞だけでは足りず、新たな接頭辞を導入する必要があった。1960年の第11回国際度量衡総会 (CGPM) でSIが制定される際、正式に承認された。

核兵器の威力を示すのに使われる単位であるメガトンは、メガTNTトン、つまり百万トンTNT火薬の爆発力に相当するエネルギーを表す。

コンピュータにおける使用法

コンピュータに関する用法では、1,048,576 (220) を表す場合と1,000,000 (106) を表す場合とがある。一般的には、半導体メモリ上のデータ容量を表す場合には前者が用いられることが多い。曖昧さを回避するために220については2進接頭辞メビ」(mebi, 記号:Mi) が導入されたが、あまり用いられていない。 テンプレート:SI接頭辞

関連項目

he:תחיליות במערכת היחידות הבינלאומית#מגה