操作

ミー散乱

主にミー散乱によって起こるチンダル現象

ミー散乱(ミーさんらん、: Mie-Streuung

光の波長と同程度の大きさの微粒子による光の散乱。

雲や湯気が白く見えるのは、それらを構成する微細な氷晶または水滴の大きさが、可視光線の波長と同程度なため、可視光全体が等しく散乱されることによる。

ドイツの物理学者グスタフ=ミーが発見。



Rakuten 楽天市場検索: