操作

マリウス葉

まりうす よう
マリウス 葉
本名 葉 マリウス ユリウス 成龍 シュミッヒ[1]
生年月日 (2000-03-30) 2000年3月30日(19歳)
出生地 ドイツの旗 ドイツ
バーデン=ヴュルテンベルク州
ハイデルベルク[2]
ジャンル テレビドラマ映画バラエティ番組
活動期間 2011年 -
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
テレビドラマ
コドモ警視
備考
アイドルグループSexy Zoneのメンバー
表示

マリウス 葉(マリウス よう[3]2000年3月30日[3] - )は、日本の歌手俳優タレント男性アイドルグループSexy Zoneのメンバー[3]ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ハイデルベルク出身[3]ジャニーズ事務所所属。上智大学国際教養学部在学中。

来歴

2000年3月30日、ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ハイデルベルクで生まれる。

2011年1月にジャニーズ事務所に入所する[4]。元タカラジェンヌであるマリウスの母[注 1]宝塚歌劇団時代の上級生が元SMAP稲垣吾郎と親しく、マリウスもそのつながりでジャニーズ事務所入りすることを勧められた[5]。マリウスは当初、ドイツに在住で仕事のあるときだけ日本を訪れていたが、本格的な芸能活動のためにSexy Zone結成発表の3か月前に家族と日本に移住している[2]。同年9月29日、Sexy Zoneの結成とともに同年11月のCDデビューが発表された[4]。マリウスは当時11歳で、ジャニーズ事務所における史上最年少デビューとなった[6]

2013年1月期のテレビドラマ『コドモ警視』で連続テレビドラマ初主演をつとめる[7]

2014年5月のSexy Zone全国ツアーの横浜公演で、Sexy Zoneの弟分ユニットSexy Boyzの結成を発表した[8]。メンバーはマリウスの他、ジャニーズJr.岩橋玄樹神宮寺勇太の3人[8]2015年12月発売のシングル「カラフル Eyes」から再びSexy Zoneとして活動を再開[9]

2016年8月、「Johnnys' Summer Paradise 2016」内で初めて松島聡と2人でコンサート公演を行う[10]

2018年3月に東京都内の高校のインターナショナルコースを卒業後、同年4月に上智大学国際教養学部に進学する[11]

人物

父がドイツ人、母が日本人[1][4]。本名は祖父が台湾人であることからアジアの名前“成龍”も含めた「葉 マリウス ユリウス 成龍 シュミッヒ」と長い名前であることを明かしている[1]日本語ドイツ語英語を話すことができるトライリンガル(多言語話者)でもある[1][2]

その語学力を生かし、海外ドラマに出演したり[12]2017年7月28日 - 8月5日に、アメリカハーバード大学で行われた世界各国の高校生28人によるサミットにも参加するなど、グローバルな活動も視野に入れて活動している[13][14]

出演

グループでの活動についてはSexy Zone#出演Sexy Boyzを参照。

テレビドラマ

配信ドラマ

映画

バラエティ番組

コンサート

  • Johnnys' Summer Paradise 2016『Hey So!Hey Yo!〜summertime memory〜』(全6公演)(2016年8月7日 - 9日、東京ドームシティホール)[19] - 松島聡と共演[10]
  • Johnnys' Summer Paradise 2017『So what? Yolo ! 』(全8公演)(2017年8月17日 - 20日、東京ドームシティホール)[20] - 松島聡と共演[14]

舞台

ミュージカル

CM

イベント

  • 『リアルスコープハイパー』スペシャルイベント Sexy Zone 佐藤勝利 with ジャニーズJr. In お台場合衆国2013(2013年8月21日)- 松島聡とともに特別ゲストとして出演[29]

作品

ソロ曲

  • ダンケ・シェーン
  • Welcome to the paradise
  • Déjà-vu
    • Sexy ZoneのDVD&Blu-ray『Sexy Zone Presents Sexy Tour 2017 〜 STAGE』初回限定盤付きスペシャルCDに収録

脚注

注釈

  1. 母は黒木瞳らと同期の宝塚歌劇団67期生である「燁明(よう あきら)」[4][2]

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 Sexy Zoneマリウス葉、皇族も遊びに…“超セレブ”な家柄に驚愕の声殺到 本名も話題に”. モデルプレス (2017年9月28日). . 2017閲覧.
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 “ジャニーズ初ハーフ マリウス葉、母は元宝塚”. デイリースポーツonline (神戸新聞社). (2011年9月30日). オリジナル2012年6月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120626055541/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/09/30/0004513397.shtml . 2014閲覧. 
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 PROFILE”. Sexy Zone Official Site. ポニーキャニオン. 2013年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2012閲覧.
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 “セクシーさ売りにジャニーズに新ユニット”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年9月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110930-842678.html . 2012閲覧. 
  5. duet』2015年6月号49頁、ホーム社
  6. “Sexy Zoneマリウス葉、母は真矢みきと同期の元タカラジェンヌ”. デイリースポーツonline (神戸新聞社). (2011年9月30日). http://www.daily.co.jp/gossip/flash/20140329628.shtml . 2015閲覧. 
  7. “Sexy Zoneマリウス葉、連ドラ初出演 『コドモ警察』から新シリーズ”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年11月20日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2019027/full/ . 2013閲覧. 
  8. 8.0 8.1 “Sexy Zone新ユニット発表、1万7000人ファン歓喜”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2014年5月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140505/joh14050514370001-n1.html . 2015閲覧. 
  9. Sexy Zoneがデビュー5周年 少年から大人への成長、個々のキャラ確立…5人が歩んだ軌跡を辿る”. モデルプレス (2016年11月16日). . 2017閲覧.
  10. 10.0 10.1 “ピュアでハッピー2人だけのコンサート セクゾ松島&マリウス”. CHUNICHI Web. (2016年8月9日). オリジナル2016年8月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160808235423/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2016080902000152.html . 2017閲覧. 
  11. “セクゾ・マリウス葉が上智入学 日独英3か国語堪能”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年4月7日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804060001011.html . 2018閲覧. 
  12. Sexy Zoneマリウス葉、海外ドラマ初出演決定 「フルハウス」の“続編”「フラーハウス」〈コメント到着〉”. モデルプレス (2017年8月18日). . 2017閲覧.
  13. “マリウス葉 ハーバード講義でさらに成長 松島聡とライブ”. Sponichi Annex. (2017年8月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/18/kiji/20170817s00041000333000c.html . 2017閲覧. 
  14. 14.0 14.1 マリウス葉、海外留学のうわさを否定 キャンパスで行われたサミットに参加”. エンタメOVO. 共同通信社 (2017年8月18日). . 2017閲覧.
  15. ゲストコメント”. 吾輩の部屋である. 日本テレビ (2017年). . 2017閲覧.
  16. Sexy Zone・マリウス葉、『フラーハウス』出演に歓喜「ドイツの家族にも姿を見せられる」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年8月18日). . 2017閲覧.
  17. “Sexy Zonw・マリウス葉、人生初2役「楽しみに待っててね」”. スポーツ報知. (2013年8月6日). オリジナル2014年3月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140315105618/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20130806-OHT1T00029.htm . 2018閲覧. 
  18. “Sexy Zone・マリウス葉&NYC・中山優馬、初仕事でのお互いの印象は?”. webザテレビジョン (角川マガジンズ). (2012年9月20日). https://thetv.jp/news/detail/33340/ . 2017閲覧. 
  19. Johnny's Summer Paradise 2016”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2016年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2017閲覧.
  20. Summer Paradise 2017”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2017年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2017閲覧.
  21. シアタークリエ『Live House ジャニーズ銀座』”. 東宝. 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2017閲覧.
  22. ジャニーズJr.がクリエ公演で初座長!”. ザテレビジョン (2015年4月26日). . 2017閲覧.
  23. スケジュール”. ガムシャラ! サマーステーション. EX THEATER ROPPONGI 公式サイト (2015年). . 2017閲覧.
  24. 中山優馬、菊池風磨、マリウス葉の『ドリームボーイズ』開幕! 結婚発表の国分太一に「ご夫婦で見に来て」”. エンタメOVO. 共同通信社 (2015年9月13日). . 2017閲覧.
  25. “マリウス葉、“少年たち”特別出演「兵隊の役も楽しい」”. スポーツ報知. (2016年9月4日). オリジナル2016年9月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160910034747/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160904-OHT1T50169.html . 2017閲覧. 
  26. 「不思議の国のハローキティ」記者発表レポート”. サンリオピューロランド (2014年). . 2017閲覧.
  27. “マリウス葉、興奮! 声優初挑戦で宝塚と夢コラボ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2013年4月19日). オリジナル2013年4月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130422135530/http://www.sanspo.com/geino/news/20130419/joh13041905030000-n1.html . 2013閲覧. 
  28. マリウス葉、「オランジーナ」で初の単独CM出演 - 撮影中の通訳も”. マイナビニュース (2017年3月23日). . 2017閲覧.
  29. “Sexy Zone・佐藤勝利のイベントにマリウス葉と松島聡が特別出演! ジャニーズJr.からは35人が登場!!”. webザテレビジョン (角川マガジンズ). (2013年8月22日). https://thetv.jp/news/detail/40657/ . 2017閲覧. 

外部リンク

テンプレート:Sexy Zone