actions

マデイラ諸島

EU-Portugal with Madeira circled.png

北大西洋にあるポルトガル領の火山諸島。

1976年より自治地方。中心都市はフンシャル。リスボンの南西約 1000kmに位置する。マデイラ島,ポルトサント島は人間が居住するが,デゼルタス,セルバジェンスの2島は無人島。 1351年のイタリアの地図にすでに記載され,15世紀初頭にはエンリケ (航海王子) の指揮のもと植民地として開発された。雨の少ない温暖な気候と美しい景色に恵まれ,保養地,観光地として有名。最大のマデイラ島ではのこぎり状の山脈が島の中央を東西に走り,支脈が海岸に迫って断崖をなす。

マデイラ島の照葉樹林は 1999年世界遺産の自然遺産に登録。有名なマデイラ酒をはじめ,サトウキビ,サツマイモ,タマネギ,穀類を産する。オレンジ,バナナ,マンゴーなどの果樹も栽培され,刺繍,枝編み細工の家具や籠も生産される。住民はポルトガル系。面積794km2。人口 26万 2694 (1991推計)