操作

マッチプレー

マッチプレー match play

ゴルフの競技方法の一つ。各ホールごとにその打数で勝負を決めていく。途中で一方の勝ち越したホール数が,残ったホール数よりも上回った場合には,そのホールで試合を終わる。「ゴルフ本来の闘い」といわれ,ゴルフ発祥時からアマチュア全盛時代までは主流だった (ストロークプレー)

ハンディキャップの違う場合には独自の計算方法でそのホールごとの勝敗を決める。ホールを全部終わったときに同点の場合は引き分けか再試合となる。