actions

ポリュペイデース

ポリュペイデース古希: Πολυφείδης, Polypheidēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してポリュペイデスとも表記される。主に、

の2名が知られている。以下に説明する。

マンティオスの子

このポリュペイデースは、ホメーロスによるとマンティオスの子で、クレイトスと兄弟。子供にテオクリュメノスがいる。予言者メラムプースの孫にあたる。アムピアラーオスの死後、アポローンによって当代随一の予言者となったが、父マンティオスと対立して故郷を離れ、アカイア地方のヒュペレシアに移住、予言の業を広く人々のために使った[1]

シキュオーン王

このポリュペイデースは、シキュオーンの24代目の王である。幼いアガメムノーンメネラーオステュエステースから保護し、さらに2人をカリュドーンオイネウスに預けた[2][3]

脚注

  1. 『オデュッセイア』15巻249行–255行。
  2. ツェツェース『キリアデス』1巻18。
  3. 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.266b。

参考文献

外部リンク