操作

ポリネシア

ポリネシア

Polynesia

南太平洋東部,ハワイ諸島を頂点にし,底辺の2点をニュージーランドとイースター島におく三角形の地域に散在する大小数千の島々の総称 (ただし現在の政治的現実を前提にすると,ハワイ諸島およびニュージーランドを除くことが多い) 。面積約 8300km2 (ハワイ諸島,ニュージーランドを除く) 。地形的には火山島とサンゴ礁の島に大別される。気温の年較差は小さく,年中貿易風が吹く。ポリネシア人は,東南アジアの海岸からカヌーに乗って,メラネシアやミクロネシアを通り,約 3000年前に西部ポリネシアの島々に到着し,そこから徐々に現在のポリネシア地域に定住していったらしい。

19世紀に入り,フランス,ドイツ,イギリス,アメリカなどの植民地,保護国となった。現在はハワイ諸島,ニュージーランドのほかには,ツバル,サモア,トンガ (以上独立国) ,クック諸島,ニウエ島,トケラウ諸島 (以上ニュージーランド領) ,アメリカ合衆国領サモア,フランス領ポリネシア,ワリーエフュチュナ (フランス領) などに分れる。またナウル (独立国) も,民族的,社会的にポリネシアに近い性質をもっているとされている。漁業のほか,タロイモ,バナナ,パンノキなどの熱帯自給作物およびココヤシ,果実,カカオなどの熱帯商品作物を栽培。第2次世界大戦後は航空路が発達し,島々を訪れる観光客が増加している。人口約 53万 (1990,ハワイ諸島,ニュージーランドを除く)