操作

ベルーフスシューレ

ファイル:Uetersen Finkenbrook.jpg
ドイツユーテルゼン市の校舎(1931年設立)

ベルーフスシューレ:Berufsschule, 英:Part-time vocational school)とは、ドイツ語圏における中等教育レベルのデュアルシステムを担う、定時制(パートタイム)職業学校である[1]

ドイツ

ドイツにおいてベルーフスシューレはISCED-3Bレベルであり、15-16歳で義務教育を修了(実科学校基幹学校)した者がパートタイムで入学する[1][2]。課程は3年であり、ドイツにおいては全日制学校に通っていないものは、18歳に達するまでパートタイムで職業学校に通う義務がある。生徒は週1-2日は職業学校へ、週3-4日は企業にて実地訓練を行う[1]

卒業にあたっては、ベルーフスシューレ法に基づいてドイツ商工会議所Deutsch版(IHK)、 手工業会議所Deutsch版(HWK)、ドイツ法律家協会Deutsch版などが課す試験に合格する必要がある。

卒業試験に合格した者にはサーティフィケートが与えられる。卒業後は Fachoberschulen (4A)または ファッハシューレ (Fachschulen, 5B) に進学するか、就職する[2]

スイス

オーストリア

参照: [[de:Bildungssystem in Österreich]]


脚注

関連項目