actions

ヘルマン・アマンドゥス・シュヴァルツ


カール・ヘルマン・アマンドゥス・シュヴァルツKarl Hermann Amandus Schwarz1843年1月25日 - 1921年11月30日)は、ドイツ数学者複素解析に関する業績で知られている。出身はシレジア地方のヘルムスドルフ(現在はポーランド領のイェジュマノヴァ)である。

シュヴァルツはハレゲッティンゲン、その後ベルリンに場所を移し、関数論微分幾何学変分法といった分野について研究を行った。彼は王立アカデミーのメンバーにもなった。彼の業績にはBestimmung einer speziellen Minimalfläche(『特殊な極小曲面の決定について』、1867年にベルリン・アカデミー賞を受賞し1871年に出版された)、Gesammelte mathematische Abhandlungen(『数学論文集』、1890年)などがある。彼はカール・ワイエルシュトラスのもとで学んだ。1892年にはベルリン大学の教授となり、リポート・フェイエールパウル・ケーベエルンスト・ツェルメロらを教育した。彼はベルリンで死去した。

関連項目