actions

プリンス自動車工業


プリンス自動車工業株式会社(プリンスじどうしゃこうぎょう)

1947年に創業、以後変遷を経ながら1966年日産自動車と合併するまで存在していた日本自動車メーカーである。

第二次世界大戦後、航空機製造を禁じられた立川飛行機出身の、外山保田中次郎ら技術者により、1947年に「東京電気自動車」の社名で発足。電気自動車製造からスタートしたメーカーであるが、1951年以降はガソリン自動車開発に転身した。経営および資本面ではタイヤメーカーのブリヂストンとその創業者である石橋正二郎が大きな役割を担っており、旧・中島飛行機系の企業である「富士精密工業」との協業・合併をも経るなど、企業としての成立過程および社名の変遷は複雑である。

元航空技術者を多く擁する技術開発重視の社風により、早くから先進技術を導入し、1960年代にはモータースポーツ界でも大いに活躍したが、1966年8月1日をもって日産自動車と合併した(日産自動車による実質的な吸収合併)。

合併するまでは、現在の東京証券取引所上場していた。



楽天市場検索: