actions

フリードリヒ3世 (神聖ローマ皇帝)

フリードリヒ3世(Friedrich III., 1415年9月21日 - 1493年8月19日

神聖ローマ皇帝 (在位 1440~93) 。ハプスブルク家の出身。シュタイエルマルク公としてはフリードリヒ5世。ドイツの分裂と混乱のさなかに即位し,ドイツの国政改革を企てたが失敗。国内には反対派も多く,弟のアルブレヒト6世との間にも広大なオーストリアの領地をめぐって争いを続けた。その頃オスマン帝国がオーストリアを脅かしはじめたが,国内掌握力の乏しいフリードリヒはこれに対抗する力がなかった。さらにハンガリー王で甥のラースロー5世が死ぬと,ハンガリーとボヘミアはハプスブルク家の支配を離脱した。

1485年マーチャーシュ1世コルウィヌスの反乱にあい,フリードリヒはウィーンから追放され,オーストリア,シュタイエルマルク,ケルテルンの大部分をハンガリー王国に併合された。彼の唯一の成功は,ブルゴーニュ公シャルル (豪胆公) の一人娘を息子マクシミリアン (のちの皇帝マクシミリアン1世 ) の妃に迎えたことで,この結果やがてハプスブルク家はブルゴーニュ東部 (フランシュコンテ) とその属領ネーデルラントを併合し,将来の発展が可能となった。



楽天市場検索: