操作

フリードリヒ・エンゲルス

Friedrich Engels portrait (cropped).jpg
フリードリヒ・エンゲルス
生誕 (1820-11-28) 1820年11月28日
Flag of the German Confederation (war).svg ドイツ連邦 プロイセン王国・ユーリヒ・クレーフェ・ベルク州バルメン
死没 (1895-08-05) 1895年8月5日(74歳没)
イギリスの旗 イギリスイングランドロンドン
時代 19世紀哲学
地域 西洋哲学
配偶者 メアリー・バーンズリディア・バーンズ
学派 大陸哲学唯物論科学的社会主義共産主義、若いころは青年ヘーゲル派
研究分野 自然哲学唯物論自然科学歴史哲学倫理学社会哲学政治哲学法哲学経済学、各国の近現代史、政治学社会学資本主義経済の分析
主な概念 弁証法的唯物論史的唯物論疎外労働価値説階級闘争剰余価値搾取価値形態
テンプレートを表示

フリードリヒ・エンゲルス(Friedrich Engels、1820年11月28日 - 1895年8月5日

ドイツの経済学者,哲学者,社会主義者。

カルル・マルクスとともにマルクス主義を創設する。当初ヘーゲルの影響を強く受けたが,父親の関係した会社を手伝うためイギリスに渡り,産業資本主義下のイギリスの労働者階級の状態をつぶさに見聞して社会主義者へ脱皮した。経済学を研究して『国民経済学批判大綱』 Umrisse zu einer Kritik der Nationalökonomie (1844) を執筆。その後ドイツに帰り,マルクスとともに『共産党宣言』 (1848) などを著し,共産主義者同盟を指導するなど,近代労働運動の理論的支柱であるマルクス主義を樹立した。その後 1848~49年のドイツ革命に敗北後再びイギリスに渡り,マンチェスターで商業に従事するかたわら,マルクスの『資本論』完成に物質的にもまた精神的,理論的にも多大の援助を行なった。その後ロンドンに移り,マルクスとともに第1インターナショナルの指導などにあたったが,マルクスの死後はその遺稿を整理し,『資本論』第2巻,第3巻を世に送った。また第2インターナショナルなどの国際労働運動の理論的,精神的支柱として,社会主義運動,労働運動に多大の影響を与えた。著書は多数に上るが『聖家族』 (マルクスとの共著) Die heilige Familie oder Kritik der kritischen Kritik(1845) ,『イギリスにおける労働者階級の状態』 Die Lage der arbeitenden Klassen in England (1845) ,『反デューリング論』 Herrn Eugen Dührings Umwälzung der Wissenschaft (1878) ,『空想から科学への社会主義の発展』 Die Entwicklung des Sozialismus von der Utopie zur Wissenschaft (1882) (空想より科学へ ) など

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: