actions

フィリップ・ド・フランス (1116-1131)

フィリップ・ド・フランス(Philippe de France, 1116年8月29日 - 1131年10月13日)は、フランス王ルイ6世と王妃アデル・ド・サヴォワの長男。ルイ7世の兄。

カペー朝初期のならいで、1129年に父の共同国王としてランスで戴冠した。しかし2年後の1131年、落馬事故によって15歳で早世した。代わって次男ルイ7世が共同国王に立てられ、1137年に単独の国王となった。