actions

ヒューゴ・ボス


ヒューゴ・ボスHUGO BOSS)はドイツファッションデザイナー、および紳士服の高級ファッションブランドである。

概要

創業

1923年フーゴ・フェルディナント・ボスde:Hugo Ferdinand Boss)がドイツのメッツィンゲンに設立。設立当初はレインコートオーバーオールといった作業着ブランドであった。

ナチスとのかかわり

1933年より国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP)の親衛隊突撃隊ヒトラー・ユーゲントの有名な黒や茶の制服の製造を手がけた[1][2]

戦後

戦争が終わり不況が続くが1953年に発表した男性用のスーツが人気を呼び、スーツのブランドとして定着していった。1980年代に入ると、香水や靴、ボディウェアなどの製品にも着手。1996年にはレディースウェアも発表する。現在はイタリアのヴァレンティーノグループの傘下にある。

1992年に発売されたサントリーの「BOSSコーヒー」がそっくりのロゴを使用したため、「BOSSコーヒー」のノベルティグッズの一つである「ボスジャン」を巡って争いとなり、商標権侵害を理由に同社がサントリーを訴えたこともあるが、その後サントリー側がロゴの使用時に条件を付けることを了承したため和解した。

モータースポーツ

モータースポーツとの係わりが深いことでも有名で、1982年からF1マクラーレンチームのスポンサーとしてドライバーやチームスタッフ用のスーツ・ユニフォームなどを供給し続けていた。なおマクラーレンとの契約は2014年で終了し、2015年からは新たにメルセデスとパートナーシップを組んだが[3]、2017年限りでF1からは撤退し、フォーミュラEの2017 - 2018シーズンよりオフィシャルアパレルパートナーとなる方針を発表した[4]

オーナー

1980年代後半のバブル景気時には、日本丸晶興産レイトンハウスの親会社)が同社を買収したが、丸晶興産の経営難に伴いイタリアのマルゾット家に売却している[5]。マルゾット家は2007年に、ヒューゴボスの株式およそ51%を所有していたヴァレンティーノをペルミラ・アドバイザーズ傘下のレッド・アンド・ブラック・ラックスに売却したが、同社は2015年にヒューゴ・ボスの株式を市場で売却した[6]

参照

外部リンク