actions

ヒッポトエー

ヒッポトエー古代ギリシア語: Ιπποθόη)は、ギリシア神話の女性である。下記の5人が存在する。

  1. ペルセウスの息子メーストールペロプスの娘リューシディケーの間で生まれた娘。ポセイドーンは彼女をさらってエキーナデス諸島English版まで連れて行き、彼女はそこでタピオスを産んだ。タピオスは後にタポスを創設した[1][2]
  2. ネーレーイスの1人[2][3]
  3. ペリアースビアースの娘アナクシビアーニオベーの娘ピューロマケーの間の娘[2][4]
  4. アマゾーンの1人。トロイア戦争においてペンテシレイアとともに戦ったが、アキレウスに殺された[4][5][6]
  5. ダナイデスダナオスの子供)の1人。アイギュプトスの息子オブリムス(Obrimus)と結婚した[4]

ヒッポトエーの名前はまた、メスグロベニシジミEnglish版学名Lycaena hippothoeで使われている[7]

系図

下記の系図におけるヒッポトエーは上記の1人目である。 テンプレート:ヘラクレスの系図

脚注

  1. LOVES OF POSEIDON 2 : Greek mythology
  2. 2.0 2.1 2.2 Apollodorus, Library
  3. Hesiod, Theogony
  4. 4.0 4.1 4.2 Hyginus, Fabulae
  5. Brave Women Warriors Of Greek Myth: An Amazon Roster
  6. Quintus Smyrnaeus, The Fall of Troy
  7. Paolo Mazzei, Daniel Morel, Raniero Panfili. “Moths and Butterflies of Europe and North Africa”. . 2017閲覧.