操作

パリ・コミューン

Commune de Paris

ランスにおいて 1871年3月 18日から5月 28日まで持続した,パリ市民,労働者の蜂起により樹立した社会主義的革命政権。普仏戦争第二帝政の崩壊という特殊な状況,さらに市民,労働者を窮地に追込むような種々の政策,国防政府による国民軍の武装解除などにより,パリ市民,労働者は激高し,ここにコミューン革命が勃発した。パリにあった政府はベルサイユに退き,パリの支配権は自動的に国民軍中央委員会の手に移った。3月 26日パリ市会選挙が行われ,その結果,パリ・コミューン (コミューン議会) が形成され,インターナショナル会員,ブランキ支持者,1793年の革命的伝統に忠実な人々などによって構成された。しかし5月 21日からの政府軍との「血の1週間」の大戦闘の末,わずか 72日間で崩壊した。