actions

パラー州

パラー州
Estado do Pará
州旗州章
(旗)(紋章)

位置

行政府所在地ベレン
最大都市ベレン
面積1,247,689.515km2
自治体数144
人口758万1051人(2010年)[1]
人口密度6.07人/平方キロメートル(2010年)[1]
GDP
 - 1人当たり
1245億85百万レアル(2014年)
1万5431レアル(2014年)
ISO 3166-2:BRBR-PA
標準時UTC-3
ウェブサイトwww.pa.gov.br

パラー州Estado de Pará)は、ブラジルの北部に位置する、州庁所在地はベレン。略称は「PA」である。

地理

西に隣接するアマゾナス州と並んでブラジル最大級の面積を持つ州。北にアマパー州、東にマラニャン州トカンチンス州、南部にマットグロッソ州と面している。アマゾナス州から流れて来たアマゾン川の河口はこの州で大西洋に注がれる。

時差はシングー川及びアマパー州の州境から西側がブラジリアより1時間遅い。東側はブラジリアと同じである。

産業

世界最大の鉄鉱石の産地、カラジャスでは、大カラジャス計画português版が策定されている。カラジャス鉄道português版マラニョン州サン・ルイスにあるマデイラ港English版に集積され、港から海外へ積み出している。

主な都市

歴史

1822年アマパー州がパラー州より分離・独立。

1924年7月24日神戸港を出発し、9月22日トメアスーportuguês版に到着した日系人がアマゾンに植民し、農業の近代化に貢献した。1930年代にはジュートやブラックペッパーの栽培を開始。1970年代にはアグロフォレストリーを導入し、ハワイアンパパイア・メロン・アサイー等の栽培を開始。 サンパウロ州とパラナ州に次いで3番目に大きな日系人コミュニティーを擁している。

教育

住民

民族

白人が23.0%、混血が69.9%、黒人が6.6%、アジア人もしくはインディオが0.5%である。

言語

宗教

著名な出身者

脚注

  1. 1.0 1.1 Estados@ ブラジル地理統計院 (英語) 2017年1月25日閲覧。

関連項目

外部リンク