操作

ハドソン湾

ハドソン湾.jpg

ハドソン湾(ハドソンわん、英語:Hudson Bay、仏語:baie d'Hudson)

カナダ北東部の湾。面積 81万9000km2。広義にはジェームズ湾,フォックス海峡,フォックスベーズン (湾)フォックスベーズン (湾) ,ハドソン海峡,アンゲーバ湾を含む (面積 124万3200km2) 。平均水深は 100mと浅く,海底はきわめて平坦。湾の西部には粗粒な堆積物が,中央部には泥またはシルト (微砂) が分布する。河川の流入で塩分は少ない。沿岸部は永久凍土で,水面も 1~5月は流氷に覆われる。1498年ジョバンニ・カボートが発見したといわれ,1610年ヘンリー・ハドソンがアンゲーバ湾岸からジェームズ湾岸までを調査し,1612年トーマス・バトンが東海岸の地図を完成した。西岸部の調査は,1929~31年に行なわれた。近年は年平均 50~60隻の船が出入りし,穀物を積み出している。アメリカインディアンやイヌイット(エスキモー)が海岸各地に分散して居住する。夏期にはタラ,サケなどを漁獲する。

関連項目




Rakuten 楽天市場検索: