actions

ハギ


ハギ(萩 Lespedeza

マメ科ハギ属の総称。落葉低木。各地の山野に普通に生える。細い枝を多数分枝し,高さ 2mほどになり,枝には細毛がある。葉は長い葉柄をもつ3出複葉で,小葉は長さ2~4cmの広楕円形ないし広倒卵形で先端は円形でややくぼむ。秋に,小枝の葉腋から多数の総状花序を出し,紅紫色の蝶形花をつける。果実は平たい楕円形の莢果で,中に種子1個を生じる。ハギ属はアジア,オーストラリアおよびアメリカ大陸に分布し,数十種が知られる。日本にも 10種以上あり,ミヤギノハギ (宮城野萩) ,マルバハギ,ネコハギ (猫萩) ,イヌハギ,メドハギ (目処萩) などはよく知られている。ハギは古くから日本人に親しまれている植物の1つで,秋の七草にも数えられている。萩という字は,本種が秋に花を咲かせる代表的なものを示すため,秋の字の上に草冠をつけたもので,中国の萩という漢字とはまったく別の意味である。



楽天市場検索: