actions

ネオプトレモス

ネオプトレモス古希: Νεοπτόλεμος, Neoptolemos, ラテン語: Neoptolemus)は、ギリシア神話の人物である。ホメーロス叙事詩イーリアス』の主人公であるアキレウススキューロス島の王リュコメーデースの娘デーイダメイアの息子。

概要

トロイア戦争においてアキレウスの死後、神託によってギリシア軍に招かれ、半ば戦場のシンボルとして参戦した。ソポクレスの悲劇によれば、トロイア攻略に必要不可欠なヘーラクレースの強弓を持つピロクテーテースを参戦させるために、オデュッセウスと共に彼を説得した。

トロイアが陥落すると、プリアモス王を殺害し、ヘクトールと妃アンドロマケーの遺児、アステュアナクスを城壁の外に投げ捨て、アンドロマケーを戦利品(実際は妻、妾のような立場)として手に入れた。その後、ヘレネーメネラーオスの娘ヘルミオネーを妻として迎えたが、ヘルミオネーがアガメムノーンの息子オレステースの幼少時代の恋人だったことから、オレステースの恨みを買い決闘を申し込まれる。決闘の場でネオプトレモスはオレステースの刃に倒れ、ヘルミオネーはオレステースに奪われ彼の妻となった。

エペイロス王家の開祖

ネオプトレモスは、アンドロマケーを連れてエペイロスへと赴き、そこで王となってエペイロス王家の開祖となった。オリュンピアスはこの王家出身であり、したがってアレクサンドロス3世はアキレウスの血筋であると言われている。

系図

テンプレート:アキレウスの系図

参考文献

  • ソポクレス『ピロクテテス』