操作

ナシクラブ

ファイル:Butterfly Pea Double Flower ( Clitoria Ternatea ).JPG
ナシクラブを特徴づける青色の元となる、チョウマメの花弁

ナシクラブマレー語: Nasi kerabu、ナシ・クラブやナシケラブと表記されることもある)は、揚げた鶏肉もしくは魚肉、揚げ煎餅ピクルスなどを用いたサラダの横に青色を盛りつけたマレーシア料理である。

概要

ナシクラブの「ナシ」はご飯を、「クラブ」はサラダを意味する。

ナシクラブはナシウラムEnglish版の一種である。ナシクラブの特徴は青色の米であるが、この青色は合成着色料ではなく、チョウマメ(蝶豆、英語: butterfly-peaマレー語: kembang telang)の花弁を用いて米を炊いた結果、青色に着色する[1]。通常は青色の飯を用いるが、白米やターメリックを用いて炊いた飯を用いることもある。ナシクラブはソロッラダ(solok lada)や揚げたクロポッ(keropok、えびせんべいに近い料理)とともに供される事が多い[2]

ナシクラブはクランタン州トレンガヌ州と言ったマレー半島の東海岸沿いで人気のある料理であるが、現代ではタイ南部でも見かけることができる。タイ南部では、カーオヤム(khāoyam、テンプレート:Lang-thテンプレート:IPA-th)として知られている。

関連項目

脚注

外部リンク


テンプレート:Malaysia-stub