操作

ツァーリ

ロシア皇帝のこと。ローマ皇帝の称号カエサルに由来する。

中世ロシアでは,この称号は最高統治者,特に正教圏の首長たるビザンチン皇帝に用いられた。タタールの征服後は,タタール・ハンがロシアの文書で「ツァーリ」として言及されている。 1453年ビザンチン帝国の崩壊と 80年ロシアのタタールからの最終的解放後,モスクワ大公がみずからこの称号を冠するようになった。 72年イワン3世(大帝)は最後のビザンチン皇帝の姪ゾエ・パレオロゴス (ロシア名ソフィヤ・パレオローグ) と結婚し,正教の保護者としてビザンチン宮廷の伝統と君主権の概念を継承した。 1547年イワン4世(雷帝)はツァーリの称号を正式に採用したが,1721年ピョートル1世 (大帝) が元老院から「全ロシアの皇帝 (インペラートル) 」の称号を贈られてからは,これが彼とその後継者たちの正式の称号となった。