actions

ソーラーアーク

座標: 東経136度40分16秒北緯35.330917度 東経136.671194度35.330917; 136.671194

ファイル:Solar Ark 1.JPG
ソーラーアーク(下から撮影)

ソーラーアーク(Solar Ark)は、三洋電機2002年に開館した太陽光発電施設である[1]

概要

会社設立50周年記念事業として2001年12月21日に岐阜事業所に竣工した。太陽電池パネルは2000年に同社の太陽電池不正販売事件で回収したものが使用されている。また、東海道新幹線の沿線(岐阜羽島駅米原駅)に位置し、名神高速道路からも遠望できる。

施設内に見学を学校関係の団体に限定した太陽電池科学館ソーラーラボがあり、太陽光発電と環境問題に特化した展示をしている[2]。 2009年7月まで一般公開していた当時は、入館料は無料で午前9時30分から午後4時30分まで開館していた。休館日は毎週月曜日で、月曜日が祝日の場合は翌日が休館日となっていた

なお、2012年から新体制となるパナソニックグループのブランド戦略の一環として、中央に掲げられている「SANYO」ロゴを2011年8月に「Panasonic」ロゴへ改めた[3]

仕様

  • 大きさ:全長315m、地上高37.1m(最高部)
  • 太陽電池:単結晶シリコン太陽電池
    • パネル枚数:5,046枚(パネル一枚:幅1320mm×高895mm×厚35mm)
    • 最大出力:630kW
    • 年間発電量:約53万kWh

出典・脚注

  1. 庄子大亮 『大洪水が神話になるとき』 河出書房新社、2017年。ISBN 978-4-309-62508-9。
  2. 三洋電機からパナソニックへ! ソーラーアークの今 - 日系トレンディネット 2011年09月12日
  3. 「ソーラーアーク」のブランド表記の変更について - パナソニック・三洋電機 共同プレスリリース 2011年6月24日

外部リンク