actions

ソンムの戦い

ソンムのたたかい

Battle of the Somme

連合軍とドイツ軍との間で2次にわたって行われた激戦。

(1) 第1次  1916年7~11月。7月1日イギリス歩兵が突撃し,イギリス軍の歴史上最高に上る1日1万 9000人の戦死者と4万 1000人の負傷者を出した。 13日にイギリス騎兵部隊がヨーロッパ戦史上最後の大規模な騎兵突撃を行なったが,機関銃火の前に大損害をこうむった。9月 15日にイギリス軍が世界で初めて戦車を投入したが,ドイツ軍戦線の突破にまた失敗。約5ヵ月間の戦闘で連合軍は,イギリス軍 42万人,フランス軍 19万 5000人の死傷者を出し,約 10kmしか前進できなかった。ドイツ軍の死傷者は 65万人であった。

(2) 第2次 サンカンタンの戦いとも呼ばれる。 18年3月 21日ドイツ軍が大攻勢に出て,連合軍戦線の突破に成功し,たちまちソンム川を渡った。連合軍は危機に陥り,4月3日に F.フォッシュが,新設された在フランス連合軍総司令官に任命された。5日までにドイツ軍は最深部で約 65kmに達する突出部をつくっていたが阻止され,攻勢を中止した。この戦いで,イギリス軍が 16万 3000人,フランス軍が7万 7000人を捕虜,あるいは死傷者として失い (うち捕虜は両軍合せて7万人) ,ドイツ軍の死傷者は 24万人を数えた。

第1次世界大戦