actions

ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ

ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社は、東京都八王子市に本社を置く医療機器の製造メーカー。

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズオリンパス合弁企業で、出資比率はソニーが51%を握るが、開発や販売ではノウハウを生かしオリンパスが主導、本社もオリンパス技術開発センターに近接した八王子市に置く。

概要

ソニーが開発している4K解像度技術、3次元技術を採用した高解像度新型外科用内視鏡とそのモニターなど関連商品、医療画像の配信等の統合ソリューション事業を大きな戦略とする方針[1]

オリンパスの医療事業で展開してきた外科用内視鏡関連製品も、引き続き事業を継続する。

ソニーは医療分野で、2020年までに2000億円の売上を上げることを目標とした。社長は、ソニーメディカル事業ユニット副本部長も歴任し、ソニー業務執行役員SVPの勝本徹が就任[2]

年表

  • 2012年(平成24年)9月:ソニーとオリンパスで設立に向けた合意
  • 2013年(平成25年)4月16日:設立

脚注

外部リンク