actions

セーブル条約

セーヴルじょうやく、英語: Treaty of Sèvres, フランス語: Traité de Sèvres)

第1次世界大戦後の 1920年8月 10日フランスのセーブルで連合国とトルコのスルタン政府の間に結ばれた講和条約。トルコはオスマン帝国領土を失い,イギリスは,パレスチナ,イラクを委任統治領に,エジプトを保護国にするほか,フランスはシリアを委任統治領に,イタリアは南西アナトリアを,ギリシアはイズミル地方を領有するほか,アルメニアには東北アナトリアの割譲,ダーダネルス海峡の開放などを規定した。しかしこの条約はM.ケマル・アタチュルクら民族派の反対で批准できず,あらためてローザンヌ条約が 23年7月4日に締結された。