actions

スナヤツメ

スナヤツメLethenteron reissneri)はヤツメウナギ科淡水魚である。

分布

鹿児島県宮崎県を除く九州以北[1]沿海州、中国北部、朝鮮半島に生息している。河川の下流域に生息している。日本に分布する個体群のアロザイム解析を行った結果、2群に分かれるとする報告がある[2]それらは暫定的に「北方種」「南方種」に分けられている[3]。この仲間は原始的な魚類とされるが研究者によっては魚類ではないとみなすものもある。

種分化

近縁種のカワヤツメ(回遊型)あるいはその祖先種から出現した矮小成熟個体が何らかの原因で海洋との往来を阻まれた後、非寄生性で河川型(陸封型)の集団が独立し本種に分化したと考えられている[2]

特徴

外見はウナギに似ており、幼生、成魚とも鰓穴(えらあな)が7つあり、口は丸い吸盤状で顎がない。成魚の口器は吸盤状で内側に3対の歯がある。成長すると約200mm程度。近縁種のカワヤツメ(寄生性)とは異なり、非寄生性で海へ下らず一生淡水で生活する[1]

食性

「アンモシーテス」と呼ばれる幼生期は、目がなくミミズのように見え、デトリタス藻類などを食べる。四年後の秋に成体になり、140〜190mmで変態して眼が現れるが、一方で消化系がなくなり、翌春の産卵期を過ぎて死ぬまで何も食べなくなる。春になると産卵し寿命を終える。

開眼

スナヤツメは一生のうちの殆どを目を閉じた状態で過ごし、産卵期にわずかに開く程度とされる。

出典

注釈

  1. 1.0 1.1 スナヤツメ 河川生態ナレッジデータベース
  2. 2.0 2.1 ヤツメウナギの種分化 富山大学理学部生物学科 山崎研究室
  3. スナヤツメ 徳島県 (PDF)

外部リンク