操作

ジョン・F・ケネディ

Kennedy, John Fitzgerald

[生] 1917.5.29. マサチューセッツ,ブルックライン
[没] 1963.11.22. テキサス,ダラス

アメリカの政治家。第 35代大統領 (在任 1961~63) 。

1940年ハーバード大学卒業。 47年下院議員,53年上院議員,61年1月史上最年少かつカトリック教徒最初の大統領となった。

ニューフロンティア政策を提唱し,対外的には柔軟反応戦略を打出す一方,中南米に対する「進歩のための同盟」計画をはじめとする発展途上国への援助を進め,国内的には景気回復と経済の安定に努めた。就任直後の 61年4月,キューバ侵攻作戦で大失態を演じたが,翌年 10月のキューバ事件では,ソ連に対し強硬な態度でのぞみ,ミサイルを撤去させることに成功した。 63年8月には部分的核兵器実験禁止条約を結び,米ソ両大国の平和共存体制の基礎を築いた。

しかしベトナム問題への介入を深め,中国との関係は一段と悪化した。そして公民権政策をめぐり南部人の反感が高まるなかで,63年 11月 22日,遊説先のダラスにおいて暗殺された。文筆の才に富み,著書『勇気ある人々』 Profiles in Courage (1956) は 57年にピュリッツァー賞を受賞。