操作

シュリーヴィジャヤ王国

シュリーヴィジャヤ王国
シュリーヴィジャヤ王国の位置
シュリーヴィジャヤ王国の勢力圏
公用語 古マレー語、サンスクリット語
首都 モアラ・タクス、パレンバン、チャイヤー

変遷

マジャパヒト王国による征服 1377年

シュリーヴィジャヤ王国(シュリーヴィジャヤおうこく、Kerajaan Sriwijaya/Srivijaya、スリウィジャヤ)

7世紀後半から 11世紀頃,スマトラ南部パレンバンを中心として,マラッカ海峡沿岸に栄えた貿易国家。中国の史料には初め室利仏逝,のちに三仏斉などと記された。唐代の僧義浄はインド旅行の途中,同地に滞在して仏教を研究している。盛時にはマレー半島側にも勢力を及ぼし,東西交通に重要な役割を果したが,11世紀にインドのチョーラ朝の遠征軍に敗れ,近隣のジャンビ王国に繁栄を奪われた。この国はほとんど建築物を残しておらず,わずかに5つの碑文と中国語の史料によってその概要を知ることができる。



Rakuten 楽天市場検索: