actions

シュマルカルデン戦争

シュマルカルデン戦争(シュマルカルデンせんそう、Schmalkaldischer Krieg

宗教改革時代のドイツにおいて,1546~47年プロテスタント派諸侯,帝国都市と神聖ローマ皇帝カルル5世との間で行われた戦争。プロテスタントが 30年の帝国議会で「アウクスブルク信条」を拒否されたことから,自衛のために翌年シュマルカルデン同盟を結成して皇帝と対抗したのでこう呼ばれる。 47年のミュールベルクの戦いで皇帝側が大勝し,シュマルカルデン同盟は事実上瓦解した。この戦争でエルンスト家のザクセン公ヨハン・フリードリヒは選帝侯位を奪われ,皇帝側に寝返ったアルベルト家のモーリッツ・フォン・ザクセンが選帝侯位を獲得した。



楽天市場検索: