操作

システィナ礼拝堂

伊: Cappella Sistina

1473~84年,教皇シクスツス4世が G.ドルチにローマのバチカン宮に建てさせた教皇のための礼拝堂。長方形プランの簡素な煉瓦建築で,美術史的には堂内を飾るルネサンス・フレスコによって重要。内陣を仕切る大理石のついたてと合唱壇は M.フィエーゾルおよび G.ダルマタの作。両側の長い壁には,ボティチェリ,ギルランダイオ,C.ロッセリ,シニョレリ,ピントリッキオ,P.コシモなどのキリストの生涯を画題としたフレスコが並ぶ。さらに有名なのはミケランジェロの天井画と祭壇壁画。 1508~12年制作の天井画は,中央に「天地創造」「楽園追放」「ノアの洪水」など旧約聖書の9場面を描き,祭壇壁画は 36~41年,パウロ3世のために制作された『最後の審判』が有名。ラファエロもタペストリーの下絵を制作した。