操作

サルガッソ海

サルガッソ海
北大西洋の海流図(1943年)。中央の海流に囲まれた部分がサルガッソ海

サルガッソ海(サルガッソかい、Sargasso Sea)

北大西洋のアメリカ合衆国およびバハマ諸島東方の広大な海域。サーガッソー海ともいう。北と西はガルフストリーム(メキシコ湾流)によって明確に画されるが、南と東の境はあまりはっきりせず、東は西経40度、南は北緯20度ぐらいまでとされる。同海域の周縁を囲むようにガルフストリーム、北赤道海流、カナリー海流が時計回りの循環運動をし、深部で大部分がガルフストリーム本流に流れ込んでいる。しかし海面に近い海流の運動は、とくに夏季にはその方向を逆転させるため、循環運動が静止することが知られている。海水の蒸発量が降水量より大きく、水温、塩分も高い。そのためプランクトンが少なく、透明度は世界の海のなかでもっとも高い。サルガッソーの名は海藻のホンダワラ(サルガッサム)に由来し、海水面に浮遊する黄褐色のホンダワラと紺碧(こんぺき)の海とが鮮やかな色彩の対比をなす。推計によると、同海域周辺に浮遊するホンダワラの量は400万~1100万トンに達するとされる。かつては繁茂する藻が船にまつわりついて、航行の自由を失い、難船すると恐れられていた。またこの海域は、ヨーロッパ産のウナギの産卵場として知られる。

関連項目

座標: 西経66度北緯28度 西経66度28; -66




Rakuten 楽天市場検索: