操作

サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島

テンプレート:Infobox British territory

サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島(サウスジョージア・サウスサンドウィッチしょとう、South Georgia and the South Sandwich Islands; SGSSI)は、南大西洋にあるイギリスの海外領土サウスジョージア島とサウスサンドウィッチ諸島からなり、フォークランド諸島の約1,000km東(南緯54度30分、西経37度)にある。19-20世紀前半、鯨油採取の基地であった。現在は観光や生態系・環境の研究が行われている。

全面積は3,903km2で、滋賀県とほぼ同じぐらいである。1966年以降、研究者等を除けばこの領域に定住者はいない。

歴史

サウスジョージア

1675年アンソニー・デ・ラ・ロッシュによって最初に発見された。1775年ジェームズ・クックによって再発見され、イギリスが領有を宣言した。フォークランド戦争の際には一時アルゼンチン軍に占領されたが、3週間後の1982年4月25日イギリス軍によって奪還される。島名はジョージ3世を記念してつけられた。

サウスサンドウィッチ諸島

1775年、ジェームズ・クックによって南の8島が発見された。諸島名は第4代サンドウィッチ伯爵ジョン・モンタギューの名にちなみ名付けられた。

政治

行政権は国王であるエリザベス2世に属し、その代理である長官(総督)は、ハワード・ピアーズ。

地理

主要な島

ファイル:South Georgia and South Sandwich Islands.png
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
ファイル:SG-Settlements.png
サウスジョージアの地名

サウスジョージア

サウスサンドウィッチ諸島

北から

※サンダース島、モンタギュー島、ブリストル島はどの準諸島にも属さない。

主要な都市

サウスジョージア

  • グリトビケン - 島内最大の停泊地。領域の中心地でもある。人口20人。
  • リースハーバー

主要な港

サウスジョージア

  • プリンスオーラブ港
  • リース港(1909年-1965年)
  • ストロムネス
  • フスビク(1930年-1940年)
  • グリトビケン(1904年-1965年)
  • ゴドスル(1908年-1929年)
  • オーシャン港(1909年-1920年)

地形

サウスジョージア

ファイル:Thatcher-Peninsula.jpg
カンバーランド湾
ファイル:Colony of aptenodytes patagonicus.jpg
サウスジョージア島のソールズベリー平野にあるキングペンギンの繁殖地 12万羽の親と6万羽のヒナ(茶色)が冬越しする
  • パジェット山 - 標高2934m
  • ロイヤル湾
  • カンバーランド東湾
  • クイーン・モード湾 - 南端のV字型の湾
  • ソールズベリー平野

サウスサンドウィッチ諸島

気候

参照: グリトビケン#気候

経済

サウスジョージア

1904年、最初の鯨油の採取場所が建設され、1965年まで使用された。現在までに7つの鯨油の採取場所が造られた。 主な収入源は、イギリスで発行される郵便切手漁業である。

サウスサンドウィッチ諸島

主な収入源は、イギリスで発行される郵便切手、漁業。

その他

脚注

関連項目

外部リンク

テンプレート:イギリスの海外領土