操作

コンパクトシティ

コンパクトシティ: Compact City

都市の中心部に行政,商業,住宅などさまざまな都市機能を集中させた形態,またはその計画(都市計画)。大都市の膨張によって近郊市街地への人口移動が進行し,アーバニゼーションが加速したことで,都市が無秩序に広がるスプロール現象が問題となり,都市機能を徒歩圏内に集約させた小規模な町づくりの必要性が唱えられた。ヨーロッパでは 1990年代から提言された考え方で,職住近接による交通渋滞の緩和や自動車利用率の減少,農地・緑地の保全を目的とする。さらに商店街の活性化や地域社会(コミュニティー)の復活が相乗的な経済交流につながると考えられている。こうした施策は特に,自治体の財政難や人口減少によって都心の空洞化が進む地方都市で重要とされる。



Rakuten 楽天市場検索: