操作

グローバリゼーション

グローバリゼーション: globalization, globalisation

文化,経済,政治など人間の諸活動,コミュニケーションが,国や地域などの地理的境界,枠組みを越えて大規模に行なわれるようになり,地球規模で統合,一体化される趨勢。グローバリゼーション,地球規模化などともいう。歴史的に,交通,物流,通信などの技術発展に伴って国際的な活動は活発化し,交流は深化しているが,特にインターネットなど情報通信技術の発展が地球規模でのコミュニケーションを急速に推進したことを,1990年代イギリスの社会学者アンソニー・ギデンズらが指摘した。地球規模の統合という概念を早くに示した例として,カナダの文明批評家マーシャル・マクルーハンの『グーテンベルクの銀河系』(1962)が知られ,このなかでマクルーハンは電子メディアによる時間と空間の圧縮を分析し,将来に世界が一つの村のようになるという地球村 global villageの概念を提唱した。CNNのニュース報道や,マクドナルドに代表されるファーストフードハリウッド映画,ポピュラー音楽,ファッションなど,おもにアメリカ合衆国に発祥した大衆文化は,世界各地の文化を均質化に向かわせたといわれる。冷戦終結により,資本主義の経済体制は旧共産圏にも拡大した。多国籍企業は,研究開発,原材料の調達,生産,販売などの各段階で,最も好ましい立地を地球規模で選択するようになり,情報通信技術による金融のネットワーク化は大規模な国際金融取引を実現させた。国家の枠組みを越えて政治的活動を行なう非政府組織 NGOが力を増す一方,2001年のアメリカ同時テロなど,思想や宗教的信条に基づいた非国家主体による国際的なテロリズム,紛争も拡大した。

グローバル化に対抗する,反グローバル化 antiglobalizationと呼ばれる動きも世界各地で生じた。経済のグローバル化が新自由主義(ネオリベラリズム)に基づく自由競争をもたらし労働者に厳しい労働条件を強いることなどが懸念され,1999年世界貿易機関 WTO会合が開催されたアメリカ,ワシントン州シアトルでは貿易自由化に反対する大規模なデモが発生,その後も国際会議に際して抗議デモが頻発した。文化面では,フランスなどにおいて,ファーストフードを伝統的な文化様式に対する脅威とみなす傾向がみられることなどがあげられる。1994年イギリスの社会学者ローランド・ロバートソンは,現地化,土着化を意味するローカル化 localizationをあわせたグローカル化 glocalizationという概念を提示した。



Rakuten 楽天市場検索: