操作

クロード・モネ

クロード・モネ.jpg

クロード・モネClaude Monet, 1840年11月14日 - 1926年12月5日)

フランスの画家。父は食料品商。5歳のとき両親とともにルアーズ近郊サンタドレスに移住。幼少年時,同地の画家 E.ブーダンに風景画の手ほどきを受けた。 1859~60年パリのアカデミー・スイスでピサロとともに学ぶ。 1860~62年アルジェリアで兵役を終えたのちパリに戻り,ルノアールシスレーらとフォンテンブローの森に居を構えた。普仏戦争当時はロンドンに逃れ,1871~72年オランダに滞在。

1874年パリで開かれた展覧会に『印象・日の出』など9点の作品を出品し,印象派形成の中心となる。その後も終生,自然の光の効果の描出に努めた。 83年以降ジベルニーに隠棲。

1922年白内障の手術を受ける。

主要作品『積みわら』 (1891頃) ,『ポプラ』 (1890~91) ,『ルーアンの大聖堂』 (1894) および『睡蓮』の連作 (1899以降) ,『テムズ河畔』 (1899~1904) 。作品の多くはパリのオルセー美術館,マルモッタン美術館,オランジュリー美術館,日本では東京の国立西洋美術館などに収蔵されている。

脚注