操作

クエン酸

クエン酸
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 77-92-9 チェック
ChemSpider
UNII XF417D3PSL チェック
KEGG
ChEMBL CHEMBL1261 チェック
特性
化学式 C6H8O7
モル質量 192.124 g/mol (無水物)
210.14 g/mol (一水和物)
外観 白色結晶
密度 1.665 g/cm3
融点

153 °C, 426 K, 307 °F

沸点

175 °C, 448 K, 347 °F (分解)

への溶解度 73 g/100 ml (20 °C)
THF, エタノール, メタノールへの溶解度 無水物:
THF 1.80 M
エタノール 1.6 M
メタノール 3.08 M[1]
一水和物:
THF 1.52 M
エタノール 1.78 M
メタノール 2.27 M[2]
酸解離定数 pKa pKa1 = 3.09
pKa2 = 4.75
pKa3 = 6.41 [3]
危険性
主な危険性 皮膚と目を刺激
関連する物質
関連物質 クエン酸ナトリウム
クエン酸カルシウム
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

クエン酸(クエンさん、citric acid

示性式 C(OH)(CH2COOH)2COOH で、柑橘類などに含まれる有機化合物で、ヒドロキシ酸のひとつである。

有機酸の一つ。無色透明の結晶または粒状あるいは白色の結晶性の粉末で,臭いはなく,酸味があり,1gは水 0.5ml,エタノール 2ml,エーテル 30mlに溶ける。 1784年 K.W.シェーレがレモン汁中から結晶として単離した。動植物の組織中に広く含まれている。生体内ではTCA回路の途中に現れ,重要な役割をもつ。食用には粉末あるいは水溶液の形で,清涼感を得たり味をよくする目的で使うことが多い。 4gは大きいレモン1個の酸味に対応する。臨床的には消化不良,止渇,食欲増進,胃酸欠乏症にクエン酸リモナーデを内用し,外用には足汗の洗浄 (1~5%) ,舌癌の洗浄 (0.8%) がある。工業的にはクエン酸ナトリウム,クエン酸銅などの原料や諸種医薬品,可塑剤,防錆剤など多方面に利用されている。

出典

  1. Solubility of citric acid anhydrous in non-aqueous solvents
  2. Solubility of citric acid monohydrate in non-aqueous solvents
  3. Dawson, R. M. C., et al., Data for Biochemical Research, Oxford, Clarendon Press, 1959.


Rakuten 楽天市場検索: