actions

カピュス

カピュス古希: Κάπυς, Kapys, ラテン語: Capys)は、ギリシア神話の人物である。主に、

が知られている。以下に説明する。

アッサラコスの子

このカピュスは、トロイアトロースの子アッサラコスと河神シモエイスの娘ヒエロムネーメーの子で、イーロスの娘テミステーとの間にアンキーセースをもうけた[1]。一説にラーオコーンの父[2]

テンプレート:トロイアの系図

アイネイアースの子

このカピュスは、トロイアの人で、トロイア戦争ギリシア軍が木馬を残して退いたとき、木馬がギリシア軍の罠であるとしてイーリオスに運び込むことを反対した[3]。イーリオスの陥落後はアイネイアースに従ってイタリアに渡ったが、ルトゥリー人の王トゥルヌスとの戦いで戦死した[4]。なお、カプアの地はカピュスに由来するという[5]

アイネイアースの子孫

このカピュスは、アイネイアースの子孫で、アルバ・ロンガの王[6]アテュスの子で、カペートゥスの父。古代ローマ歴史家ティトゥス・リーウィウスによると、アイネイアースの子アスカニオス以下、シルウィウスアエネーイス・シルウィウスラティヌス・シルウィウスアルバ、アテュスと続いてカピュスが生まれ、カピュスからカペートゥス、ティベリーヌスと続いたと述べている[7]

脚注

  1. アポロドーロス、3巻12・2。ほか『イーリアス』20巻。シケリアのディオドロス、4巻75・5。
  2. ヒュギーヌス、135話。
  3. 『アエネーイス』2巻35行-38行。
  4. 『アエネーイス』9巻576行。
  5. 『アエネーイス』10巻145行。
  6. ウェルギリウス『アエネーイス』6巻768行。
  7. ティトゥス・リーウィウス、1巻3。

参考文献

関連項目