actions

オットー・フォン・ビスマルク

ビスマルク.jpg

オットー・エドゥアルト・レオポルト・フュルスト侯爵・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン
: Otto Eduard Leopold Fürst von Bismarck-Schönhausen, 1815年4月1日 - 1898年7月30日


ドイツの政治家。ドイツ第二帝国の建設者。ユンカーの出身。ゲッティンゲン大学ベルリン大学で法律を学んだのち,1836年プロシアの官僚となり,47年プロシア連合州議会の議員となり,絶対主義と反動の扇動的代弁者として活躍。

1848年の三月革命に対抗。その後フランクフルト連邦議会のプロシア代表,ロシア大使,フランス大使を歴任後,1862年9月プロシア首相となった。軍拡問題で議会と衝突したが,「ドイツ問題は鉄と血によって解決される」という有名な鉄血演説を行なって議会を押えた。

1866年プロシア=オーストリア戦争に勝ってオーストリアの勢力をドイツから排除,70~71年の普仏戦争の勝利によってドイツの統一を完成し,71年3月ドイツ帝国初代宰相となり,侯爵となった。その後,特に外交に手腕を発揮して 19世紀末のヨーロッパ外交をあやつった。内政においては通貨の統一,中央銀行の創立,統一民・商法典の制定,高等裁判所の設立など抜本的改革を行なって,中世的遺制を一掃。

1872年末政敵カトリック教徒の中央党を押えるため,教育の国家管理をめぐって文化闘争を引起したが,社会主義勢力の台頭をみていわゆる「飴と鞭」政策をとり,社会主義者鎮圧法を制定する一方,社会保障制度などの社会政策を推進した。

経済面では保護関税政策をとってドイツ工業の育成に努めた。自己の権力を保持し,政策を推進するためには内政,外交において危機感をあおる策略をしばしば用い,巧みに政治的危機を乗越えたが,新たに帝位についたウィルヘルム2世とは社会主義者鎮圧法の更新をめぐって衝突,1890年3月宰相を辞任した。

その後は皇帝の批判と主著『回想録』 Gedanken und Erinnerungen (3巻,1898~1919) の執筆に専念したが,この著は,歴史的には疑わしい記述を含んでいるものの,文学的にはすぐれ,ビスマルクをドイツ一流の著述家の列に加えている。