操作

エリート

エリートフランス語: élite

普通エリートは社会的諸価値のピラミッド型配分体系において,その上層部分を構成する集団と定義されているが,エリートが現代社会の重要な問題として登場するのは,20世紀の「大衆社会」の出現が,エリート対マスという新しい問題を生み出してからである。 V.パレート,G.モスカ,R.ミヘルスらの理論に現れたように,そこでは少数エリートの支配と大衆の従属,さらにはエリートの循環が起り,民主主義,社会主義の理念の後退現象が起る。これ以降,大衆はエリートによる操作の客体として無力化される一方,エリートは権力の集中化,組織化によって,C.W.ミルズが述べたように強力な支配手段をそなえたパワー・エリートとなり,さまざまな危機的問題が指摘されている。



Rakuten 楽天市場検索: