actions

エコール・ド・パリ

エコール・ド・パリフランス語: École de Paris

パリ派。パリに定住した外国人芸術家の集団。 13世紀,あるいは第1次世界大戦後のパリをはじめ,各時代にこの種の集団が存在したが,一般には第1次世界大戦後~第2次世界大戦前に,モンパルナスを中心としてパリに集った外国人美術家たちをさす。ピカソなども広義にはパリ派に属するが,便宜上,他の流派に所属するものを除外し,アンデパンダンの画家たち,特に抒情的な具像画によって,この時期を象徴する画家たちをいう。モジリアニ,スーチン,パスキン,キスリング,ユトリロ,シャガール藤田嗣治らがいる。彼らは外国人であり,その大半がユダヤ人であったことが,この派のもつ哀愁の根底をなしたものと考えられる。



楽天市場検索: