操作

エクセルパス

エクセルパスは、九州旅客鉄道(JR九州)が発売する特急急行列車自由席が利用出来る定期乗車券である。九州新幹線用の「新幹線エクセルパス」もある。

概説

特急定期券の設定区間内の、特急・急行列車自由席とホームライナーを利用出来る。有効期間の設定は、通勤・通学共1箇月・3箇月・6箇月である。別に座席指定券グリーン券を買い求めれば、指定席グリーン席も利用出来る。又、特急停車駅以外からも利用出来る(特急利用区間は最初の特急停車駅相互間となる)。

エクセルパス用回数券

  • エクセルパスと併用して指定席・グリーン席に利用出来るが、DXグリーン席・ゆふDX展望席新幹線には利用出来ない。
  • 乗車特急列車毎に1枚必要になる。

※平成27年3月31日に発売終了。

沿革

  • 1989年(平成元年)7月1日 - 発売開始。
  • 1998年(平成10年)10月1日 - 下半期販売促進キャンペーンの一環として、社内の誰もが利用出来る企業用特急定期券「エクセルパス」を発売。博多小倉間限定。1箇月5万5000円(48%割引)
  • 2004年(平成16年)3月13日 - 九州新幹線用の「つばめエクセルパス」発売開始。
  • 2005年(平成17年)10月1日 - 福岡市内への通勤・通学者向けに、JRの特急列車と福岡市営地下鉄を1枚の定期券で乗り継げるエクセルパスを発売
  • 2011年(平成23年)3月12日 - 九州新幹線全線開業に伴い、九州新幹線定期乗車券を「新幹線エクセルパス」に改称。

SUGOCAによる発行

在来線用のエクセルパスは、SUGOCAに載せることも可能である[1]。なお、SUGOCA定期券は紛失時の再発行が可能であるが、SUGOCAエクセルパスを紛失した場合、乗車券部分のみが再発行の対象となる[2]

備考

  • 小倉駅では、鹿児島本線との競合区間である西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽新幹線小倉 - 博多間を同社の「FREX」とエクセルパスとの値段の比較をしている広告が掲示されている。
  • 「新幹線エクセルパス」は他の新幹線定期券と異なり、6か月用も発売されている。博多 - 鹿児島中央間の通勤6か月定期券は、1,189,120円と高額である[3]

脚注

  1. SUGOCAの種類 九州旅客鉄道、2013年9月21日閲覧。
  2. 各種お手続き|再発行 九州旅客鉄道、2013年9月21日閲覧。
  3. 『JR時刻表』、交通新聞社、2016年4月号、942頁

関連項目

外部リンク